それプトレでよくね?

遊戯王のこととかアニメのこととか思ったことそのまま書くだけのブログ 加藤恵が大好きです

12月11日pptqでの負け試合の考察

池袋のアメニティドリームで開催されたpptqに参加してきました 

結果は3-2で10位という結果

使用デッキは緑黒昂揚でした

今回は負けた二試合について考察していきます 

 

一つ目の負けは1回戦で対戦相手の使用デッキは青白フラッシュでした

リザルトは××のスト負け

一本目

後手でしたが初手はとても強く1ターン目器2ターン目剥ぎ取りと動くことが出来ました。しかしイシュカナを打ち消されアヴァシンを止めることが出来ず殴り切られてしまいました。

この試合では私は明確なミスをしてそれが負けに繋がりました。

それは三ターン目の選択肢です。相手は3マナ起きていて私の場には発生の器と剥ぎ取り、手札には闇の掌握があり土地からBBは出ていました。 私があまり考えずに剥ぎ取りでコンバットしたところに呪文捕らえを出されブロックされました。もちろん墓地には何も無いのでこのままでは1方されてしまいます。ここで私に与えられた選択肢は①闇の掌握を使う②発生の器を起動して昂揚をねらう です。

私は②で昂揚しなかった時のリスクを考えて掌握を使いました。 これがミスでした。

もしここで掌握を残しておけばアヴァシンに触ることが出来ていました。

ここでの正しい選択肢はコンバット前に器を起動、昂揚しなければコンバットせずにターンを返すことでした。

2本目

初手が泥沼、湿地、沼、森、背信、破滅の道、ウルヴェンワルド横断 でキープしましたのですがこのキープが二本目のミスでした。

ギデオンへの回答と土地があるということからついキープしてしまいましたが、この手札では昂揚してイシュカナを出すという未来が全く見えません。実際、二本目はこのまま昂揚せずに相手の呪文捕らえ連打とアヴァシンに負けてしまいました。 

 

二つ目の負けは4回戦、またも青白フラッシュでした。 この試合も××でスト負けです。青白相手の調整が足りてなかったのかも知れません。

一本目

ダブマリスタートでしたが二ターン目剥ぎ取りをだし器やトラッカーで手札を整えイシュカナからトークンをだすことができましたが最終的にはアヴァシンの変身とギデオンによって押し切られて負けてしまいました。

ダブマリだと割り切ったのですがこの試合もまたミスをしていました。

相手の盤面はこのターンのアップキープに変身したアヴァシンと忠誠度6のギデオン、コプターで手札は2枚で1枚は島、土地は寝ているという状況でした。

対して私の盤面は剥ぎ取りとカウンターが3つ乗ったトラッカー、昂揚していてこのターンにイシュカナを出すことができるという状態でこちらのライフは残りわずか1でした。

ここで私はトラッカーだけでギデオンにコンバットしました。相手はアヴァシンの乗ったコプターでブロックしルーターで島を捨てました。その後私はイシュカナを出してターンを返しましたが停滞の罠と反射魔道士でトークン1体とイシュカナをどけられてギデオンとアヴァシンを蜘蛛トークンでチャンプブロックしなくてはいけない状況へ追い込まれてしまいました。

その返しに剥ぎ取りと取り組みで二体目のイシュカナを探すも見つからずに頭領。

ここのコンバットでミスをしました。

トラッカーだけでコンバットしたターンに追加で剥ぎ取りで本体にコンバットするべきでした。相手は確実にギデオンを守るためにコプターでトラッカーをチャンプブロックするはずです。そうなると剥ぎ取りのコンバットが通っていたためデッキの上からもう3毎多くのカードを見ることが出来ていたはずです。

その中に殺害やイシュカナ、横断があればまだゲームを続けることができ、エムラクールまで繋げることが出来たかも知れません。(実際に殺害があった)

 

2本目

沼沼沼剥ぎ取り、横断、掌握、イシュカナ という手札をキープしてしまいました。そのまま緑マナが出ない間にマウントを取られて負けてしまいました。 明らかにマリガンするべき7枚のはずですが負けたら終わりという焦りからか、間違えたキープを選択してしまいました。

 

今回のpptqで負けた二試合ではプレイミス×2、キープミス×2が敗因でどれも私の実力が至らなかった結果でした。

この反省を踏まえて来週のpptqへ挑みたいと思います。